【WEBライター必見】SEOの重要性と仕組みについて詳しく解説!

ライティング

突然ですが、「SEOとは何ですか?」と聞かれた時、あなたは明確に答えを出す事ができますか?

このSEOという部分について知識を持っているか持っていないかでは、今後ブログを運営していくうえで天と地ほどの差が生まれてしまいます。
とはいえ、SEOについて調べても抽象的な書き方をしている記事が多くヒットすると思います。
それはその記事が分かりにくいのではなく、そもそもSEO自体が抽象的なものだからなんです。

今回の記事では、「SEO」という単語について全く分からない初心者でも基礎的な理解ができるよう、詳しく簡単にご説明していきます。
最後まで読めば、必ずSEOについての基礎的な知識を網羅出来ますよ。

SEOって何?

一概にSEOといいますが、SEOとは一体何者なんでしょうか。


SEOとは、Search Engine Optimization (検索エンジン最適化)の頭文字を取った略語です。

つまり、Googleなどの検索エンジンに自分の記事やブログを並ばせるとき、より上位に表示されるようにGoogleのアルゴリズムに従ってコンテンツを構築する事を指します。

ちょっと難しく抽象的な説明に感じてしまうかもしれませんが、これこそがSEOの正体なんですね。
また、このSEOというのは、Googleのアップデートによってアルゴリズムがその都度変化します。
Google社のAIも、時代に合わせて検索結果が最適化されるように必要条件を変えているんです。

SEO対策は地道に! | ホームページ制作熊本.com
SEOについて調べても、抽象的な書き方しかされていない記事が多くヒットするのはこれが原因なんです。
しかもGoogle社は、このSEOについての現行アルゴリズムを一切公表していません。
そのため、統計による傾向と対策を練ることはできますが、「これが正解」というものが出てこないんですね。

 

フリーランスがIT勉強会を探すならここ!絶対外せないサイト2選!
例えば、センター試験で「これを勉強しろ。絶対にテストに出る。」と言われて勉強したものが、必ずしも本番で出題されるとは限りませんよね?

とはいえ、過去問題集や時事ニュースなどを利用して、傾向と対策を万全にしておく事はできる。そのために塾や本があります。
それと同じで、SEOを攻略していくには、まずGoogleが求めている記事やコンテンツを予想しなくてはなりません。
次は、もっと具体的にSEOを意識できるように、記事を作る事を前提としてお話していきます。

SEOを意識した記事の作り方

まず、先ほどお伝えした「傾向と対策」という観点から、Googleが求めている記事の概要を予想してみます。

Googleもアップデートを重ね、SEO自体が最適化されつつあります。
一昔前では「Googleの裏を突いてAIを騙す」ようなニュアンスの、小手先のテクニックを使った記事作りが最善とされていました。

しかし、近年ではAIもかなり高性能となっており、大きく挙げて以下の2点が重要視されているのではないかと考えられています。

・検索した人がその記事を見た時に、本当に欲しい情報があるのか。
・閲覧者が記事を読み終わった後に直帰しないコンテンツ。

1点目については、ライティングをするうえで当たり前のようなことですが、初心者だと結構忘れがちなポイントでもあります。

例えば今読んで頂いているこの記事、読み切ったあとに「結局何?」ってなったらモヤモヤしませんか?
あるいはブログのアクセスアップがしたいから読んでるのに、途中からYoutubeの再生数の上げ方にすり替わってたり。
そんな事しないよ!と思いがちですが、記事を書いているうちに自己表現がしたくなってしまう人によくありがちです。
記事を書き終わったら一度見直して、本当に読者が欲しい情報がまとまっているのかどうか、しっかりとチェックしておきましょう。

 


2点目についてはブログ全体の構造も関係してきます。
直帰というのは、簡単に言えば「その記事だけを見てブラウザバックして検索結果画面に戻る」事を指します。

この直帰率が高いと、Googleからマイナスな評価を受けてしまう可能性があります。
逆に直帰率が低ければ、ブログ全体の評価が上がる事にも繋がります。

ネットサーフィンをよくする方なんかはイメージしやすいと思うのですが、目指すコンテンツはWikipediaです。

Wikipedia

wikipediaってなんで広告入れないの?いれればいいじゃん('・ω・`) - モバイルセンター
Wikipediaって、芸能人について調べていたのに、いつの間にか何も関係のない「宇宙」とかの記事を読んでしまっている事はありませんか?
でも、それでいて1記事1記事に読者としての満足感は得ている。

連想ゲームのように関連する記事を読み進めて、

山田優→小栗旬→岡田将生→2人が出てる映画→宇宙兄弟→宇宙

と、ついつい最初とかけ離れた記事に飛んでしまう。

このようなコンテンツが、Googleの求めている理想の一つなのではないかなと私は思います。
現にその証拠として、ほぼ全ての検索ワードにWikipediaが引っかかりますよね。
どんなにサイトの規模が大きかろうと、だからといって検索順位が上位に来るとは限りませんから、WikipediaはGoogleから大きな評価を得ている事になります。

まとめると、
・1記事の網羅性(読者が欲している情報、または抱いている疑問がちゃんと記事内解決されているか)
・直帰率の低い記事(他の記事も見たくなるようなコンテンツづくり)
まずはこの2点を意識して記事を作っていく事が非常に大切です。

記事のキーワードを選定しよう

概ね、記事を作るにあたって意識すべき事は理解できたと思います。
次はキーワードの選定についてお話していきますね。

こちらも先ほどと同じくらい重要で、私は記事を書いている時間の約2倍程度の時間をここに費やしています。
どんなに高いライティングスキルがあろうと、キーワード選定の時点で誤った事をしてしまっていては伸びるものも伸びません。

キーワード選定の方法には色々と種類がありますが、まず初心者の方であれば「Google Trends」を使ったキーワードの選定をオススメします。

Google トレンド

Eurovision continues to dominate Google Trends in 2018 - ESCXTRA.com

今現在ブログを運営されている方であれば、そのブログのコンセプトが存在すると思います。
大きく分けるなら、「特化ブログ」「雑記ブログ」ですね。
特化ブログであれば、その特化しているジャンルにキーワードを絞り込んで検索していきます。
雑記ブログなのなら、流行に乗ったトレンドワードをメインとしてまずネタを探し、見つけたネタのキーワードを検索していきましょう。
今回は多くの方にイメージを持ってもらうため、人口が多そうな雑記ブログを前提にお話ししていきます。

まず、最近話題なものであればコロナウイルスに関する物ですよね。
でも、シンプルに考えて「コロナウイルス」と検索をして、自分のブログが上位表示されると思いますか?


まず無理ですよね。ざっと検索しても約629,000,000件の記事がヒットします。
このワードの中で上位を狙うのはあまりに無謀すぎますよね。

ここで、先ほども少し出てきた「連想ゲーム」をします。
今回であれば、コロナウイルス→治療→薬→アビガン と連想したとします。
次に、Google Trendsで「アビガン」と打って検索してみてください。
下の関連キーワードの中に、「アビガン 株価」というワードが出てくると思います。
この記事を書いている2020年6月現在では、かなり狙い目なキーワードとなっているんです。
そう判断した理由として、以下の3つが挙げられます。

・ある程度検索されているワードにも関わらず、上位20~30位以内に入り込める余地がある。

(個人ブログも上位に入っている)

・元が「コロナウイルス」という特大ワードにも関わらず、検索ヒット数が比較的少ない。

(現時点では約836,000件)

・上位10位が全て個人ブログではなくメディアなので、記事に「人間味」を出す事が出来れば差別化ができる。

(メディアは基本的に必要な事実しか書かない)

まず記事を書く前に、このようなお宝キーワードを発掘する事に時間をかける事が非常に大切です。


自分が書きたいキーワードが決まったら、まずは最低でも検索上位10サイトのページを上から下まで全て読んで下さい。

何故読むのか?という点ですが、上位10サイトがその検索ワードのSEO最適解だから、という事になります。

検索結果で出てきたページというのは、上から順番に「Googleに評価されているサイト」という事になりますから、その10サイトが何を書いているのか、何を読者に伝えたいのかという点をしっかりと把握する事で、おのずと自分が何を記事内で書けばいいのかという点が浮かび上がってきます。
また、一定量ではありますが知識もつきますので、ある程度の説得力が文章に生まれます。

上位10サイトを一通り読んで理解を深めたら、次に「これらのサイトに足りないものは何か」という点を考えます。

今回であれば上位10サイトは全てメディア、つまりニュースサイトのようなものになっているので、「読者にとって必要な事実や情報を、いち早く正確に伝える」という点を重視しているはずです。

ここに関しては、Googleが求めているであろう「人間味」はクリア出来ていませんよね。

ですので、これから自分が書く記事に関しては正確な事実をベースとして、様々な網羅的な情報と個人的見解や利用者の声などを追加していくんです。
他の症例や副作用、アビガンとはそもそも何なのか、株価が上がっている富士フイルムは何が要因なのか、投資家から見た視点などが挙げられます。
そうしたオプションを付加価値として記事内に組み込んでいくと、他のライバル記事との差別化が図る事ができ、結果的に上位表示とPV獲得につながります。

まとめると、
連想ゲーム形式でキーワードを探す。
お宝キーワードが見つかったら、上位10サイトをリサーチ。
最適解と差別化が図れる部分を確認したら記事作成スタート!
といった形になります。
かなり面倒な作業にも思えますが、一度お宝キーワードが探せるとコツも分かって結構楽しいので、是非やってみて下さいね。

実際に記事を作る時の手順

さて、ここまででキーワードの選定と、その後の記事の書き方がある程度理解できたと思います。
実際にどのように進めるのか、手順を書き出してみたので参考にして下さいね。

【キーワード選定フェーズ】

  1. 大きく1つのキーワードを、流行や話題性、または安定性から考える。
  2. そのキーワードから連想ゲームをして、辿り着いたものを1つずつGoogle Trendsで調べる。
  3. 関連ワードなども見ながらお宝キーワードを見つけたら、そのワードで一度検索して上位10サイトを一通り読む。
  4. 読んだら「読者が何を求めてるのか」「これらのサイトに足りない物は何か」を考える。
  5. 考えがまとまったら、それを元に記事作成をする。(マインドマップなどのツールを使ってメモをしておくと良い)
【記事作成フェーズ】
  1. キーワード、記事のコンセプトを必ず再確認しておく。
  2. まずタイトルを決める。(主要キーワードは基本的に左詰め。一目で何が書かれてる記事かが分かるかが大切。)
  3. 次に記事のコンセプトに沿って目次を作る。(最終的に読者の知りたい情報や疑問が解消されるように。)
  4. 目次1つずつを1つの記事と思って書く。(目次1つで一度完結するように。目次タイトルと文章がしっかりと合っているかを確認。)
  5. 最後に記事内のまとめを書けば完成!

 

以上となります。
ライティングの仕方についてはそれぞれのやり方があるので一概に言えませんが、初心者でも一番書きやすい記事の作り方はこんな感じじゃないかなと思います。
タイトルを最後に書く方も一定数おられますが、まだライティングに慣れていないうちは、記事のコンセプトが書いているうちにブレてしまう可能性があるので、個人的にはあまりオススメしません。
これであなたも「SEOを重視した利益の見込める記事を書く事が出来ますよ。

記事内に導線を作ろう

最後に、記事を読んでくれた人が自分のサイトに居座ってくれるようにする記事作りに関してお話をします。

これを知らないと先ほどお話した「直帰率」が上がってしまい、Googleからの評価が下がってしまう可能性があるのでとても大切です。

大体、直帰率が高い記事というのは、
質の悪い記事(違う事書いてる、問題が解消しない等)
記事を読み終わったあとに「…ふーん」で終わる記事
親切じゃない記事
この3点のどれかである事が多いです。

質の悪い記事は論外ですが、その他の2点は改善する事ができます。

まず「…ふーん」となってしまう記事についてですが、こういうタイプの記事は、そもそもただ事実だけを書いてしまっている場合が多いです。

フリーイラスト] ラーメン屋 - パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集
例えばとあるラーメンについて紹介する記事の場合、
「この塩ラーメンは1200円で美味しくて具沢山です。また行こうと思います。」
のように何処にでも書いてあるような文章の記事と、
「ここの塩ラーメンは全国から人が殺到して行列が絶えず、今なら期間限定で○○というメニューがあり、そちらも大変人気だったので実際に私も食べてきました!」
という文章では、どちらが質の良い文章かは言うまでもないですよね。

ここで読者に「おお、行ってみようかな!」という感情を沸かせた後に、しっかりとお店の情報や公式ホームページ等のリンクを貼ってあげます。
これを「導線」と言います。

読者が記事を読み終わった後に起こすアクションの背中を押してあげるイメージですね。
これは後々にアフィリエイトリンクを仕込む時にも、とても大事なことの一つなので覚えておいて損はないです。

リンクのフリーアイコン1 | アイコン素材ダウンロードサイト「icooon-mono」 | 商用利用可能なアイコン素材が無料(フリー )ダウンロードできるサイト
また、そのお店について詳しく書いている自分のブログの記事があるのであれば、その記事のURLを張り付けて「詳しくはコチラで!」と誘導してあげてもいいです。
そうする事によって自分のサイトにユーザーを巡回させ、直帰率を低くすることができます。

 

悪い顔|意地悪|フリーアイコン|無料クリップアート|イラスト素材
それを踏まえて次の「親切じゃない記事」についてもお話しますが、これも大体一緒です。
ここでは美容系のサプリメントの紹介記事を例に上げます。

散々記事内でサプリメントの効能や他の商品との比較、メリットなどを書き殴っておいて、最終的にはそれを買うためのリンクがない。その商品のページのURLすらない。

そんな記事を読み終えてどう感じますか?

「え?結局これどこで買うの?」

「わざわざ自分で検索しないといけないの?面倒だなぁ~」

と、そう感じるのではないでしょうか。
言わずもがな、そんな記事はGoogleから低評価を下されます。
ブログ全体の評価にもつながるので、全ての記事にしっかりと導線を作り、読者目線で記事を見る事がとても大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はサイトのアクセスをアップするために大切な事を2つご紹介致しました。

この2点ですね。
面倒な手間や細かい部分が多いですが、それをやるかやらないかでは大きな差が生まれますので、是非全て意識しながらブログを運営してみてください。
あなたのブログライフが充実する事を心より願っております。


コメント

タイトルとURLをコピーしました