【WEBライティング】文字単価0.5円が2ヵ月で5円に上がった話。

ライティング

WEBライターにとって、「文字単価」というのは収入を上げるうえで最も重要なポイントですよね。

例えば5000字の記事を1つ書き上げるとして、文字単価が1円と3円とでは時給が3倍も違います。

3時間で書き上げられる記事が5000円になるか、15000円になるか。

当たり前の事ですが、この文字単価を上げる事が出来ていない方が本当に多いです。

スキルは2円相当なのに、実際自分が受けているのは1円以下のものだったり。

その時点で自分の収入が半分になっていると知ったらどうでしょう?

でもこれは仕方のない事でもあります。

何故かというと、この単価交渉という物は、ライターとしてのスキルとは別の部分のスキルが必要になってくるからです。

今回は僕自身の経験談も書きつつ、文字単価を上げるうえで重要なポイントをご紹介します。

あえて文字単価0.5円の案件を受けた理由

まず最初に、僕は基本的に未経験の時から文字単価1円未満の案件には手を出してきませんでした。

色々と理由はあるのですが、一番大きな理由として「自分が一番下の環境に居たい」というものがありました。

仕事やグループもそうですが、自分がトップの環境に居てしまうと現状維持で満足してしまう性格なので、そこで自分の成長がストップしてしまうんです。

そのためストイックと言うと少々大げさですが、あえて自分が必死に取り組まないとこなせないようなレベルの環境に突っ込み、いくら失敗しようがそれを糧に自分をレベルアップさせる、というスタンスでここまでやってきていました。

今ではYoutubeの大流行により、再生回数が非常に多いビジネス系Youtuberの方が沢山いらっしゃったり、ブログやSNSでノウハウを発信する方も多かったりしますよね。

そんな方々の多くが口を揃えて言っているのは、「とりあえず文字単価1円を目指しましょう」なんですね。

まぁ勿論そうやって発信して頂けるおかげで、外注化をする際には非常に良い思いをさせてもらえる事も多いのですが…。

個人的にその単価基準にはNO!と言いたいです。

「文字単価1円」というのは、あくまでも最低ラインです。

だって考えてみて下さい。よくクラウドソーシングを眺めていると、文字単価0.1~0.3円なんて案件もよく見かけますが、仮に文字単価0.3円で1日1万字書き上げる生活を週7で行ったとします。

1日の純利益は3000円。週7で週21,000円。月で93,000円です。

WEBライティングやブログをご自身でやっている方なら理解できると思いますけど、1日1万字を毎日継続するって鬼のようにキツいです。修行以上。多分頭おかしくなります。

今の僕でも、案件として受け取った3000字の記事を1本仕上げるのに2~3時間はかかります。

実際は書いている時間よりリサーチの時間の方が長いですけど。

ただ、仮に同じ作業量をこなした場合でも、文字単価が1円になるだけで月に30万円入ってくるんです

それが2円なら60万円、3円なら90万円。

ただ30万円稼ぎたいだけでいいなら、文字単価3円で依頼を受けて、1万字の記事を月に10本書けばいいんです。

話が少し脱線しましたが、文字単価というのは収入が倍レベルで左右されるほど大切なんです。

さぁ、それを踏まえたうえで、これまで僕は1円に満たない案件は全てスルーしてきた訳ですが、なぜ半分の0.5円なんて案件を受けたのか、というお話をします。

その当時の僕の平均文字単価は1.5円程度。1円と2円の案件が半々くらいってイメージですね。

クラウドソーシングのプロフィールページにも、「文字単価が1円に満たない案件はお受け出来かねます」と強気に記載していました。

そんなある日、クラウドワークスというソーシングサイトの僕のアカウントに、1通のメッセージが届きます。

「初めまして。この度個人で〇〇という雑記系WEBメディアを立ち上げる事になりました。そこで専属のライターさんとして働いて頂ける方を探しています。最初はテストライティングとして1文字あたり0.5円でお願いさせて頂きたく思います。興味がございましたらご連絡ください。」

簡略化するとこんな感じの文章だったと思います。

ものすっごい失礼ですけど、最初は「なんだこのクソ単価は!」とか思ってしまいました。

ただ、雑記系WEBメディアの専属ライターというものに興味が出てきたので、ちょっと返事を返してみる事にしました。

「ご連絡ありがとうございます。テストライティングで0.5円との事ですが、僕はプロフィールに書いてある通り1円未満の案件は全てお断りしています。そこはご確認頂けてますでしょうか?」

するとすぐにメッセージが返ってきました。

「もちろん承知しております。私は貴方のプロフィールだけではなく、貴方が書いた記事サンプル等のポートフォリオも全て拝見させて頂いております。私自身も今回立ち上げるWEBメディアを絶対成功させたいと思っており、この方にならと思った方にしかメッセージは差し上げていません。ただ、やはり質の悪いライターさんがいらっしゃるのも事実ですので、最初は低単価からお願いしたいと思っております。」

なるほど、と思いました。

どうやら僕がクラウドソーシングにポートフォリオとして記載していた、サンプル用に書いた短い記事を見たうえでご連絡してくれたみたいです。

その後掲載予定のWEBメディアのURLを頂き、僕も「ここに自分の記事が載るのか…!」とワクワクしてしまい、何よりこのWEBメディアには未来があるなと感じたため、自分のポリシーに反する0.5円の案件を受ける事にしました。

文字単価が1ヵ月で3円、2ヵ月で5円に

最初に頂いた案件は、文字単価0.5円の3000文字のインテリア家具についての記事でした。

誰もが知っているであろう「無印良品」の商品紹介のような記事です。

今まで商品レビュー系の記事はいくつも受けていたので、今回も同じ要領でその日のうちに納品しました。

すると、自信満々だった僕に思わぬ指摘が返ってきました

「これでは買わせたいのがあからさますぎて、逆に商品を買う気があまり起きないです。この部分の販促感をもう少し控えめにして下さい。」

今思えば、文字単価0.5円という事に高をくくり、ちょっと手を抜いていたかもしれません。

ただ、指摘された部分も本当にその通りで指示自体も的確だったので、0.5円という超低単価の記事だとしても全く悪い気はせず、すぐに修正後再度納品をしてOKを貰いました。

そしてその依頼主さんからの初めての案件が終わり、「15記事まではそちらの希望である文字単価1円でお願いしたいです。」と告げられたので、その条件でしばらくお世話になる事になりました。

そして迎えた15記事目。期間にして約1ヵ月程度になります。

「今後何年も見据えたお付き合いがしたいです。文字単価を3円まで引き上げさせて頂くので、他のジャンルの執筆もお願いできませんでしょうか。」

突然の連絡にかなり驚いたのを覚えています。

普通であれば文字単価というものは、ライターが引き上げの交渉を行っていくものです。

今回は依頼主さん、つまりクライアントサイドから引き上げのご提案を頂きました。

これは僕の人生でも初の事だったので、もちろん二つ返事で即OKしました。

そして2か月目。記事にして計40記事目くらいでしょうか。

「突然で申し訳ないですが、コラム記事を書いていただく事は可能でしょうか?納期は約2週間程度を考えており、一記事あたりの文字数は8000文字前後でお願いしたいです。ジャンルはかなり広いので、その都度リサーチをして頂く形になります。その代わり、このコラム記事に関しては文字単価5円でご依頼させて頂きます。いかがでしょう?」

と新規のお仕事のご提案を頂きました。

これにも僕からは即OK。初めての文字単価5円案件を頂き、かなりはしゃいでいました。

という事で、僕の文字単価は2ヵ月間で0.5円から5円までに上がりました。10倍です。

実は数年経った今でもこのクライアントさんにお仕事を頂いています。

最近は僕もライティングの外注化をしており、趣味でこんな感じの自分のブログも書きつつ他のことをしているので、実際には他の方に案件を流している形にはなっているのですが、その事もクライアントさんは認知した上で僕にお仕事の依頼をして下さっています。

実は2年ほど前に実際に会ってお酒の席でお話をしているんですが、その時にお互いかなり意気投合してしまったので、今後もこの関係はあちらの運営しているWEBメディアが潰れない限り続くでしょうね。笑

案件の受注先を選ぶ大切さ

今回の記事で経験の浅いライターさんにお伝えしたいのは、「文字単価で選ぶ事もかなり重要だけど、それ以上にクライアントを選ぶ事はもっと重要」という事です。

例えば、僕のようにちゃんとライターサイドの事情や苦労を分かっていて外注をしている人間の場合、その人に一生単価1円以下で継続依頼をするなんてことは絶対にしません。

最初に提示してきた文字単価がいくら低くても、今回自分の経験談として挙げたクライアントさんのように、本当に「自分がこれから立ち上げるコンテンツを育てたい!」「だから一緒に協力してくれる仲間が欲しい!」と強く思ってライターを探している方に出会う事が出来たのなら、さらに自分がそれに応えられる自信があるのなら絶対にその人について行ったほうが良いです。

反対に、「自分のブログ立ち上げたけどめんどくせえな~、安く適当な記事書いてくれるライターでも探すか~」と思っている輩から案件を受ける必要はありません。

見分け方のひとつとして、もしあなたが案件を受けて納品した後、その記事の感想であったり、指摘や的確な指示が一切ないのに継続依頼をしてきている場合、それは貴方の記事なんてどうでもいいと思ってるクソクライアントの可能性が非常に高いです。

とりあえず記事数を増やしたい、ブログのテーマに沿っている記事ならなんでもいい、安く書いてくれるならなんでもいい。

9割がたそう思われていると考えていて良いと思いますよ。

そんな奴に自分が一生懸命書いた魂の記事を提供するのは、本当に人生の時間の無駄なので今すぐにやめましょう。

また、そう思われないためにも日頃しっかりとライティングやSEOの基礎から勉強して、誰にも文句を言われない自信がつくように努力していきましょう。

その努力は誰かが必ず気付いてくれますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ライターとしてのスキルももちろん重要ですが、稼いでいくにはそれ以外のスキルも非常に重要になっていきます。

毎日ライティング業に勤しむのも良いですが、ふと一息ついた時にでも自分の周りの環境や考え方を見直してみて下さい。

特にクライアントの見直しや整理はとても重要なポイントです。

文字単価が全てではない。 これを覚えておくだけでも大きな一歩となります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました