【初心者必見】自分に合った正しい動画編集ソフトを選ぼう!

雑記

動画作りには、動画編集ソフトの存在が欠かせません。

いくら良い映像が撮れても、ソフトが無かったら単純なつなぎ合わせ作業もできなくなってしまいます。

もちろん適当にソフトを選べばいいわけではありません。有料だから何でもできるかというとそうでもないのです。

ソフトにより作れる動画の特徴が変わってくるため、しっかり下調べしてからソフトをインストールしましょう。

今回は、どのソフトを選べばいいか分からない人へ向けて、それぞれのソフトの特徴を紹介していきます。

内蔵ソフトじゃダメ?

実は、新たなソフトをインストールしなくても、パソコンやスマホには動画編集ソフトが搭載されています。

具体的には、Windowsであれば「フォト」、Macであれば「iMovie」等といったソフトのことを指します。

作ることができる動画はとても単純なものに限られます。

動画と動画をつなぎ合わせたり、動画の色味を調整したりと、簡単なスライドショーを作るのであれば打ってつけのソフトになります。

操作も直感的で、パソコン操作に慣れている人であれば使い方を見ずに使うことができるでしょう。

しかし、それ以上のレベルの動画の完成を目指す人はこれらのソフトでは不十分に感じられると思います

内蔵ソフトで四苦八苦するよりも、新たなソフトでやり方を覚えていった方がはるかに時間も短縮できますし良い動画が作れます。

とはいえ内蔵ソフトには悪い面だけがあるわけではないです。

画編集の基礎の基礎はしっかり搭載されているソフトになりますので、まだ動画作りをするか迷っている人が練習してみるのに最適だという良い面があります。

実際私も、動画作りを始めてまず手をつけたソフトは「Windows Live ムービーメーカー」という「フォト」の前身となる内蔵ソフトでした。

個人的にはボーカロイドのMVが作ってみたいと思い動画作成をしていたのですが、やはり内蔵ソフトではパラパラアニメーションくらいしか作ることができず断念しました。

それから皆さんの様にネットで調べて、新たなソフトで動画作りを始めたのです。

しかし、それまでのソフトを動かす知識が全く無駄になったわけではありませんでした。

一度動画作りの雰囲気を味わっていたからこそ、スムーズに別のソフトに移行が出来たのです。

ですから、全く動画を作ったことが無い人は、まずお手持ちのパソコンに搭載されているソフトを動かしてみるのが一番だと思います。

何回か動画を作ったことがあり、ステップアップしたい人は別のソフトに手を出してみましょう。

まずは無料ソフトを検討しよう

内蔵ソフト以外のソフトが欲しい方は、まずは無料のソフトを検討しましょう。

というのも、無料でも使い勝手の良いソフトはそこそこあるからです。

こだわりがあるのならいきなり有料ソフトを導入しても構いませんが、特に問題ないようならまずは無料ソフトを調べましょう。

今回は用途別に3つに分けてオススメソフトを挙げていきたいと思います。

まず、ボーカロイドのMVや、YouTubeのオープニング・エンディング動画を作りたいと思っている方へのオススメソフトです。

それは、「Aviutl」というソフトです。

これは、Windowsユーザーなら一度は試していただきたいソフトになります。(Macには現状対応しておりません)

有志が無料でネット公開したものが元になっているもので、沢山の人が公開している様々なプラグイン(ソフトの機能を拡張させるもの)を組み合わせて動画を作っていきます。

最初にインストールした時は出来ることがほとんどないのですが、このプラグインを導入していくことで実に多様な作業ができるようになっていくのです。

そのため、作業を始めるまでにやることが沢山あるのが難点となります。

ただ、多くの人がこのAviutlを使っており、解説サイトや解説YouTubeなども充実しているので、編集技術を磨きたいという気持ちがある方はすぐに上達できるでしょう。

逆にCG加工やアニメーション動画を作ることは不向きです。(できないわけではないのですが)

自分のやりたい作風に合っているならインストールしてみましょう。

 

次に、結婚式のムービーや、YouTube動画の本編など、動画をつなぎ合わせて綺麗な加工を加えていきたいと思っている方へのオススメです。

そのような方は「Lightworks」というソフトを検討してみましょう。

このソフトはWindows/Macどちらでも使うことができます。

こちらは無料版と有料版があるのですが、出来ることは大差ないので無料版でも十分作業をすることができます。

プロも使っている評判のソフトですので、初心者でも上達させればプロ並みの動画を作ることができるでしょう。

ただ、Lightworksは英語版しか動作しないため最低限の英語力が必要となります。

英語を読み取る力が最低限あり、かつ自分の作風に合うならぜひインストールしてみましょう。

 

最後に、3DCGと呼ばれるようなCGアニメーション動画を作ってみたいと思っている方へのオススメです。

CG動画を作るなら、「Blender」というソフトを検討してみましょう。

このソフトはWindows/Macどちらでも使うことができます。

プロが使う有料の3DCGソフトに負けず劣らずの性能が完全無料で使えてしまう優れものです。

使いこなせればプロ顔負けのCG作品が作れてしまうのですが、機能が豊富なため覚えることが沢山あるのが難点です。

また、比較的動作が重いソフトになりますので、パソコンのスペックが低い方は作業に異常なほど時間がかかってしまう可能性があります。

また、スペックが高かったとしても、出力(動画を完成形にする作業)にはかなり時間がかかるでしょう。

そもそもCGアニメーションは作るのにも出力にも時間がかかることで有名ですので、その点を理解した上で選ぶと良いと思います。

時間がかかっても良いCG動画が作りたいという人は、ぜひBlenderをインストールしてみてください。

他にも「Wondershare Filmora」「Free Video Editor」「shotcut」など様々なソフトがあるので、実際使っているユーザーの声を確認しながら検討してみましょう。

有料ソフトでも動画を作りたい!

既に無料ソフトは使いこなせていてレベルアップしたい、または初めから有料ソフトに挑戦したいという方は有料ソフトにチャレンジしてみましょう。

とはいえ、もしあなたがAviutlやBlenderを使っての作業を検討しているなら、無理して有料ソフトを考える必要は無いかもしれません。

無料と有料でできることはほとんど変わりありません。

それどころか、有料の方が扱いづらく使いにくいこともあるのです。

しかし、お金を出したらその分機能が増え良い動画が作れるようになることは事実ですので、要検討の上有料ソフトに手を出してみましょう。

有料の動画編集ソフトとしてまず挙げられるのは、Adobe社の「After Effects」「Premiere Pro」の二種類です。

どちらもAdobe社からのソフトになりますが、やはりそれぞれ作れる動画に特徴があります。

After Effectsはオープニング動画やCGエフェクトをつけたり、アニメーションを作るのが得意なソフトです。Aviutlの上位互換といったところでしょうか。

ただAviutlに比べるとソフトが重く、作業が煩雑になります。

Premiere Proは動画をつなぎ合わせ加工することが得意なソフトです。これはLightworksのようなものだと言えます。

Lightworksで物足りないと感じた方は、その有料版かPremiere Proを検討しましょう。

3DCG動画編集ソフトの有料版のオススメはMAYAになります。

値段はかなり高額なので、お財布と相談して決めた方が良いでしょう。

Blenderよりも機能は豊富で、覚えることが沢山あります。

ですので、Blenderで挫折したらMAYAを覚えることは難しいと思ってください。

他にも、MAYA以外のソフトを組み合わせて活用していく方法もありますので、「ZBrush」等のソフトも合わせて検討してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

動画編集ソフトを選ぶなら、
・内蔵ソフトを使うならお試し感覚で
・無料ソフトでもAviutlやBlenderのように高性能なものがある
・有料ソフトは機能が増えて良い動画が作れるようになる

ということを頭に入れて検討していくのがベストになります。
たくさん情報を調べて、自分に合ったソフトを手に入れられるようにしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました